BAR CLOS
MENU

BLOG

厚岸

皆さん、こんばんは。

BAR CLOSの青木です。

今夜は厚岸についてお話致します。

厚岸

所在地 北海道厚岸郡

所有者 堅展実業(株)

堅展実業代表の桶田恵一氏が、「アイラモルトのようなウイスキーを造りたい。」という夢を実現させたのが厚岸。アイラ島の風土に近い厚岸町を拠点とし、スコットランドの伝統的なモルトウイスキー製法を踏襲すべく、蒸留に関わる重要な設備のほとんどをスコットランドのフォーサイス社から取り寄せ、その設置まで委託したそうです。

当店ラインナップ(左側から紹介)

雨水(うすい)

二十四節気シリーズ第二弾のブレンデッドウイスキー。厚岸産の熟成年数3年のモルト原酒とスコットランド産のグレーン原酒をブレンドしています。ピート香とレーズンのような香りから、柑橘のような爽やかな味わいとスパイシーな余韻が感じられます。

処暑(しょしょ)

二十四節気シリーズ第四弾のブレンデッドウイスキー。厚岸産の熟成年数4年のモルト原酒を使用しています。スモーキーな香りからミルクのような甘さもあり、潮っぽさが広がります。

立冬(りっとう)

二十四節気シリーズ第五弾のシングルモルトウイスキー。厚岸産のミズナラ樽をキーモルトとし、シェリー樽、ワイン樽も使用されています。フルーティーな香りからカカオっぽい味わい、最後にピートが優しく香ってきます。

清明(せいめい)

二十四節気シリーズ第七弾のシングルモルトウイスキー。厚岸産のミズナラ樽をキーモルトとし、バーボン樽、シェリー樽、ワイン樽のピートとノンピート、計7種類の樽を使用しています。柑橘、ピートの香りからチョコレートのようなコクと潮っぽさの心地の良い余韻が残ります。

今回はジャパニーズウイスキーの厚岸の紹介をさせて頂きました。ピート好きのコアなファンが多いイメージで、新商品が出る度に個性の違う面白いウイスキーです。なお、BARBEIGE新百合ヶ丘の方では最新作の「大暑」が入荷しておりますで、興味を持って頂けましたら、BARBEIGEの方もよろしくお願い致します。

今回はここまで、最後まで読んでくれた方ありがとうございます。試験の勉強進んでいますが、覚えること多すぎ…


BLOG